ずぼら中継

歩くより 踊りながらのほうが 遠くへ いける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体を使う

4/10
「ガラクタを想像力に変える投げ銭市」@京都ガケ書房

面白そうなイベントやなあ、かえるさん、ハセケン、ふちふな、林拓、色々見れるし…とライブにつられて行ってみたら、最大の収穫は自主避難(仙台→関西)して来られた家族たちのお話。当事者の「ナマの喜怒哀楽に」触れた事でようやくしっくり来た…今この国で起きていることが。ネットやTVを見て悶々としてる場合ではない。町に出なければ!
この時の出会いをきっかけにメーリング リストに加えてもらった。
滝のように流れ落ちるツブヤキを目で追うのに疲れたワシ…今はMLがちょうど良い。


kaerumoku3.jpg sansdeer.jpgvol23.jpg


ほんでもってガケには面白いもんがいっぱいあるので小銭をぼとぼと落とした。その一部を。

かえる目「拝借」
ニューな3rdアルバム。実店舗で買うことを心がける者としては、ようやく会えましたねって感じ。
Sans Deer「サンズディア」
え、こんなだっけ?と戸惑いつつも嬉しい感じ。流麗な楽曲が増えた。ビルおじさんの参加もうれしい一つ。
spectator 23号
特集以外もムッチャ面白い記事が満載。今一番好きな雑誌。本当にオモロいです。


日が暮れて、上野茂都ライブ@京都まほろば を見て、銭湯入って、帰宅。


スポンサーサイト

nonukes.jpg


4月16日(土曜日)「原発いらん!関西行動」御堂筋デモ
 
 
 

ゴーストは友だち

ghost.jpg

こんにちは。

3月に入って以降、僕の周りで色々な出来事があった。

・身近な人とじっくり話すこと、
・普段の日常を静かに見つめること
・これからを思い描くこと。(どこまでいけるか判らないけど…)

それを丁寧に続けながら、何とか日常を送ってた。


そして3.11。
地震、津波、原発事故、むごい。むごすぎる。
僕(ら)は、被災地から離れている分、比較的落ち着いて何かができる立場にある。
“今”何が、できるか…。アクション。

週明けから3日間、職場の仲間とともに街頭カンパを行った。
たくさん集める事を目指すんなら、そりゃ人通りが多い大きな町へ行けばいいんだろうけど、
やはり地元を中心とした生活圏で行った。阪神淡路大震災以降、毎年10年間、街頭カンパをやってたので、みんな慣れたもの。41万円ほど集まり、ゆめ風基金に送金した。 →LINK

あと、津波でほとんど壊滅状態の町に奇跡的に生き残った社福があり
Relax&Funkyな連中と若干名のスタッフがギリギリの状況下、支えあってる事を知った。
行政からも見放されて孤立しているという事で、京都&奈良に住む有志のネットワークで
支援物資とスタッフを送ったりと…。 いろいろ。本当にいろいろありんす。


一時、情報で頭でっかちになったり、焦りの感情が吹き溜まったりもしたけど、
朝晩、自転車通勤してる事もあって、何とかバランスを取ってんなあ。
黙々とペダル漕いでると…なんかいいみたい。

やはり身体。
自分は、身体を使って何かをするってのが性にあってるわ。


ずぼらな関連記事

マスメディアについて
Don't trust TVshow(2005年04月21日) →LINK

原発と欲望について
Rainbow Festival(2007年11月10日) →LINK

唱えるだけでは変わらない
NO NUKE(2007年04月24日) →LINK


 

雪だるま


snowmans.jpg


2/11奈良では珍しく雪が積もった。雪が降ると外がとても静かになってよろしい。

チャイ(家猫)は真っ白な風景に戸惑ったのか散歩に出かけず1日中コタツで丸くなってた。

輪切りミカンは、近くの雑木林から来るヒヨドリのために。

 

春ですYO!

rabit pink

いや。まだ冬真っ盛り?なんやけど、新春とか書くには出遅れた。
ま、今年もヨロシクお願いします。

昨年はtwitterが気楽過ぎてココに書く機会が減ったけど、きちんと書く・ぼちぼち書くのも良いもんやね。
真っ白な新雪に小便で絵を描くのは楽しいわー。



今年も石井さんとこの企画「おれ的わたし的2010ベスト」に参加させてもらいました。

orewata2010logo.jpg
いろんな人が、好きな事を好き勝手に書いているので清々します。
そしてどれも面白いYO!


2011年 1月吉日




 

冬支度

11月のある晴れた土曜日、稲刈りした。去年より収量は少なめ。今年は全国的な猛暑で田んぼの水温が高くなりすぎて不作だそうな。なるほど日陰エリアの稲が元気に「分ケツ」してた。


IMGP3864.jpg
ほんで1週間ほど天日干したのち脱穀。

IMGP3875.jpg
苗を一本ずつ手植え、鎌による稲刈り、足踏み脱穀機による脱穀。人力はそんなところ。
実際は、天水と風と太陽の光、あと色んな生きもののおかげ。おかげさんで生きている。




IMGP3883.jpg
時を同じくして長野の友人2組からダンボール箱が届いた。
http://make.pingmag.jp/J/2007/12/04/nano/

IMGP3888.jpg
どちらも中身はリンゴ。この時期、リンゴしかあんめい。さくっと広がる喜び。嗚呼また一年経ったんだな。


国境の南

tonhe.jpg
11/20-23 Ton-he ,Goseong-gun ,Gangwon-do ,South Korea



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。