FC2ブログ

ずぼら中継

歩くより 踊りながらのほうが 遠くへ いける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のお盆はコケカキイキイ

8月

sennen.jpg

毎年、お盆は嫁さん実家(水戸)に帰省するんだけど例によって寄り道。

新宿: OSHMANSでぶらぶら。UNIONで大友良英サウンドトラックス#0、HIS日本の人(中古)を購入。
高円寺: フリフリ石井さんと道端の青空飲み屋で祝い酒。※斜向かいでは今宵の演者・両名が開演時間過ぎてるのに飲んでた。
「こんなふたり」鈴木常吉・泉邦宏2マンライブ@円盤8/12
呑んだくれの咆哮…そんな感じで大変良かった。客席の今井次郎さんが野次と口笛で乱入しまくりで笑ろた。



水戸ではお墓参りしたり、縁側で本読んだり、水戸ゲーで展示見たりした。

tomydaughter.jpg

「ゲゲゲの女房」や「総員玉砕せよ!」ドラマ化の影響もあるけど、このところ水木作品(漫画・小説)にどんどん親しんでいる。
水木作品は、未開の土人生活(=天国)を基礎として近代・現代を本当に哀れで馬鹿馬鹿しく描いているなあと感じる。そしてその最も酷い成果である戦争(=地獄)について考えさせられる話が多い。


水戸ゲーの「新次元~マンガ表現の現在」初日を見た。
色んな作家の作品世界が表現されていたが、今日マチ子のセンネン画報が一番好きだった。
カーテン越しに届く柔らかい光が、その向こうの世界を予感させる。
ここにずっと留まる事など無理な話、不安と期待を胸に新しい場所に踏み出さなくては。

今日マチ子のセンネン画報
http://juicyfruit.exblog.jp/
 



スポンサーサイト

  コメント


管理者にだけコメントを閲覧させることができます
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。